img

学園概要

学園概要

学園の歩み

白百合学園の設立母体は、17世紀のフランスに誕生したシャルトル聖パウロ修道女会です。
1878年、函館に3人のフランス人修道女が来日し、その3年後の 1881年に東京神田猿楽町に学校を設立しました。

沿革

1881年(明治14) 東京神田猿楽町に学校を設立
1884年(明治17) 校名を女子仏学校とする
1923年(大正12) 関東大震災により校舎全焼
1927年(昭和02) 九段現敷地に移転、新校舎落成
1935年(昭和10) 校名を白百合高等女学校と改める
1945年(昭和20) 空襲により全施設焼失、直ちに復興に着手
1947年(昭和22) 学制改革により白百合学園中学校設立
1965年(昭和40) 白百合女子大学開学
1982年(昭和57) 創立100周年記念式典挙行
2007年(平成19) 創立125周年記念式典挙行

神田猿楽町の校舎神田猿楽町の校舎

赤レンガの新校舎竣工赤レンガの新校舎竣工

九段に移転した校舎九段に移転した校舎

現在の白百合学園現在の白百合学園

教育目的

本校は、教育基本法および学校教育法に基づく併設型中高一貫校として中学校高等学校教育を行い、キリスト教の精神に根ざした価値観を養い、神と人の前に誠実に歩み、愛の心をもって社会に奉仕できる女性を育成することを目的とする。

校訓

校長メッセージ

  • 一人ひとりを大切にする教育

    カトリックのミッション校である本校は、「一人ひとりをかけがえのない存在として大切にする」というイエス様のみ教えを教育活動全般の土台に据えて、生徒たちを育み、伝えている学校です。
    生徒たちは日々の生活や学校行事・委員会活動・部活動を通して、自分で考え判断し、お互いを大切にする愛の行いを実践する力を身につけていきます。同じく学習面では自分から課題をみつけ、調べて自分の考えをまとめ、発表する力が少しずつ育ってきているのを感じます。
    このような白百合学園中学高等学校で、あなたの力を人々の幸せのために育てていきませんか。

    白百合学園中学高等学校
    校長 斉藤 えい

  • 白百合学園中学高等学校 校長 斉藤えい

TOP