img

白百合の教育

宗教教育


白百合学園での学園生活は、キリスト教精神に基づいています。神に愛されている自分を知り、同じように他者を愛し、大切にすることを日々の生活で学びながら、社会で自分を活かし、貢献できる人間へと成長していきます。

  • 朝礼・終礼

    白百合の一日は朝礼で始まります。まず瞑目し、聖歌を歌い、お祈りと聖書朗読により心を静め、穏やかな気持ちで学習に向かいます。英語やフランス語で行われる日もあります。最終授業が終わると終礼が行われ、お祈り後、各教室などの清掃を行います。

  • img
  • ミサ

    全校生徒が参加する学園記念日とクリスマス、学年別の修養会に加え、中学入学時や高校卒業時にはミサが行われます。オルガンの演奏は生徒が担当します。皆で心を合わせて感謝の祈りを捧げ、聖歌を歌うことにより、よろこびが深まります。

  • img
  • 修養会

    修養会は、神父様や社会で活躍する方々のご指導のもと、学年ごとに学校や教会で2日にわたって行います。「いかに生きるか」などのテーマについて思索し、ミサに参加します。日常から離れて静かに自分自身を見つめ、他者や社会との関わりを深く考える貴重な機会です。

  • img
  • 宗教の授業

    中学校では、学園の歴史や聖書を学びながら、神に愛されている自分に気づき、思いやりの心、感謝と奉仕の心などキリストの教えに基づく価値観を身につけます。高校では、聖書を深く味わい、社会における自分の役割や使命について考えます。

  • img
  • ボランティア活動

    毎年夏休みの東日本大震災の被災地訪問、福島県から避難している児童の学習支援など、生徒有志が主体となって実施しています。またボランティア委員による千代田区と連携した活動や、ボランティア活動に関連した講演会の開催などの活動を行っています。

  • img
  • 小百合会

    クラブ活動として、ボランティアに取り組んでいます。手芸品やアクセサリーを手作りして学園祭のチャリティバザーで販売し、売り上げを福祉施設・団体に寄付しています。また、夏休みには児童養護施設を訪問して子供たちと遊ぶ活動も続けています。

  • img
  • クリスマス奉仕活動

    全生徒が参加し、クリスマスカードやリースなどを手作りしてご高齢の方々に贈ったり、各家庭から持ち寄ったお米やタオルなどを全国の施設や団体に寄付したりする活動を行っています。また、福祉施設を訪問し、清掃や合唱、楽器の演奏を披露しています。

  • img

TOP