img

白百合の教育

各教科一覧

各教科授業紹介

  • 国語

    読解力と表現力の向上を目指す

    「高度な読解力と表現力をバランスよく身につける」ことを目標に、小説や評論文、詩歌など、様々な作品に触れながら、文章を読み解くおもしろさ、正しい言葉の遣い方を学びます。また、思考力や表現力の向上を目指す創作活動にも力を注いでいます。中学3年生から授業が現代文と古典に分かれます。

  • img
  • 社会

    日本だけでなく世界も学ぶ

    中学では基礎的事項を中心に、中学1年で地理、2年で歴史、3年で公民的分野を学習します。日本だけでなく世界の地理や歴史についても学ぶことで、国内外で起こっている出来事が理解できるようになります。高校では、大学受験の傾向の変化に対応し、難関私立大学・国公立大学入試ともに万全の対策をとって指導しています

  • img
  • 理科

    感動や楽しさが活きた知識に

    実験と観察を重視し、授業に多く取り入れています。そこで得られた感動や楽しさが活きた知識になるよう、教材を充実させながら授業を展開します。中学・高校とも学習指導要領の内容を発展させ、より深く学んでいきます。中学3年までは4分野を均等に学び、高校では1年で物理基礎と生物基礎を学習します。2年からは文系・理系の進路に対応したカリキュラムになります。

  • img
  • 数学

    理解できるよろこびを知り、共有する

    「理解できたというよろこびを体得させ、共有する」ことを目標に、日々の授業を展開しています。中学では代数と幾何に分かれ、代数分野では「数」を、幾何分野では「図形」を、小学校の算数より深く楽しく、考え方を重視して学習します。テキストも徹底使用し、皆で達成感を共有します。また、課外補習・問題練習・大学入試演習等を通して、大学入試に十分対応できる学力を身につけます。

  • img
  • 音楽

    皆で一つの音楽をつくる喜びを味わう

    学園で行われるミサでは、全校でモーツァルト作曲の戴冠ミサ曲や、ヘンデル作曲の「ハレルヤ」を合唱します。6月の合唱祭では、美しい声で歌うために発声法を勉強したり、曲の背景を調べ、考え、話し合ったりすることで曲に対する解釈を深め、クラスで一つの音楽をつくりあげる喜びを味わいます。音楽の美しさ、また音楽を通して心を一つにすることの大切さを学びます。

  • img
  • 美術

    制作を楽しみ、感性を磨く

    「制作を楽しみ、様々な素材や表現、多くの作品との出会いを通して感性を磨くこと」を目標にしています。授業では、絵画・デザイン・彫刻・工芸・映像など幅広い表現の世界を、制作を通して学びます。多様な素材で表現の経験ができる楽しい時間です。

  • img
  • 書写

    芸術的感性と表現するよろこびを得る

    手書き文字のよさを大切にし、人によい印象を与える文字を書けるよう指導しています。同時に芸術的感性を高め、作品に表現するよろこびを味わうことも目標の一つです。毛筆と並行してペン習字も練習します。書き初め大会に出品したり、席書会に出場したり、ペン字昇級試験に挑戦したりするなど、実力を試す機会も設けています。中学2・3年は必修で、高校では選択科目になります。

  • img
  • 保健体育

    運動や健康への意識を高める

    運動や健康について理解を深め、意識を高めるとともに、体力や技術の向上を目指します。特に、集団内での公正・協力・責任について考える経験を大切にした指導を行っています。秋の校内球技スポーツ大会は、生徒たちに人気の行事で、各自が好きな球技に挑戦します。

  • img
  • 家庭

    家庭生活や社会について考える

    健康・安全・地球環境をキーワードに、それぞれの家庭生活について考えます。食品や栄養、調理、食事のマナーを学ぶ「食生活」、洋裁や手芸を学ぶ「衣生活」は中学3年間を通して系統的に学習し、技術や知識の向上を目指します。その他、家庭経済、住まいや環境、地域社会についても学習していきます。

  • img
  • 情報

    マナーやセキュリティの大切さも学ぶ

    高校から始まる授業です。高度情報化社会に対応し、マナーを守った情報活用能力を身につけることを目標に、アニメーションやWebページの制作、プレゼンテーション実習、表計算などの技術を修得していきます。それらと並行し、ネットワークや知的財産権の勉強を通して、マナーやセキュリティの大切さを学びます。

  • img

TOP